TIC-408FX/FX2

TIC-408FX/FX2
38万画素:1/3インターライン転送方式CCD を採用し水平解像度550TVラインのクラス最高画質でFX(バリフォーカルレンズf=5~12mm)、FX2(f=5~55mm)を装着し3次元DNR(デジタルノイズリダクション)機能を搭載したハウジング一体型のハイスペックモデルで威嚇効果も抜群の赤外線暗視カメラ
通常販売価格:157,500円
tel.jpg
製品特長
  • 赤外線照射距離 最大30m
  • 赤外線対応 AIバリフォーカルレンズ採用
  • フリッカレス機能搭載※電子感度アップ設定時は無効となります
  • デイナイト機能(カラー/白黒 自動切換)
  • 電子感度アップ機能
    最大64倍で照度にあわせて自動露光時間調整を行ないます。
  • 3次元DNR(デジタルノイズリダクション)機能
    低照度時に発生するノイズ成分を自動分析し除去します。
    見やすい映像はもちろん、DVRなどの記録メモリが節約出来ます。
  • 高解像度設計 水平解像度540本以上(白黒時:550TV本以上)

赤外+電子感度アップ+3次元DNR回路の融合による暗視カメラ

DNR機能

通常のデイナイトカメラは夜間になると暗くなりノイズを発生させます。又、赤外線を照射するタイプでも光の反射が少ない場所では効力を発揮出来ません。TIC-408FXでは高解像度赤外線LEDの照射装置に64倍の電子感度アップと新開発の三次元DNR(デジタルノイズリダクション)回路を融合させて明るさに応じた低速シャッター長時間露光+自動ノイズ除去、又赤外線を同時投光させることにより低照度時の露光時間の大幅な短縮化を実現いたしました

Day&Night機能搭載(IRカットフィルター駆動方式)

Day&Night機能搭載
  • 最低照度が0.5Lux付近で白黒映像に変化します。
  • 水平解像度はカラーで540TV本以上の高解像度設計です。
    ※デイナイト機能と電子感度アップ機能は自在に組み合わせが可能です。

映像イメージ

イメージ写真
製品仕様
型式 TIC-408FX・FX2
タイプ カラー、白黒
撮像デバイス 1/3インチ インターライン方式CCD
総画素数 41万画素 811(H)×508(V)
有効画素数 38万画素 768(H)×494(V)
撮像面積 4.8(H)×3.6(V)
テレビジョン方式 NTSC方式
走査周波数 水平:15.734(kHz) 垂直:59.94(Hz)
同期方式 内部同期方式
映像出力 1.0Vp-75Ω
水平解像度 540TV本以上(カラー) 550TV本以上(白黒)
S/N比 50dB(AGC on WEIGHT on)
最低被写体照度 0.05Lux(カラー) 0.01Lux(白黒)
(映像出力 25IRE AGC on WEIGHT F1.2 電子感度アップoff)
電子感度アップ時
最低被写体照度
0.0008Lux(カラー) 0.0002Lux(白黒)
(映像出力 25IRE AGC on WEIGHT F1.2 電子感度アップ64倍)
赤外線ON時
最低被写体照度
0Lux(白黒)
(映像出力 25IRE AGC on WEIGHT F1.2 最大30mm)
オートゲインコントロール(AGC) on(+24dB MAX)/off
ホワイトバランス ATW/AWB
電子アイリス(AES) 1/60~1/120000
電子シャッター ALC1/60,FL1/100,1/250,1/500,1/750,
1/1000,1/2000,1/4000,1/10000)
逆光補正 on・off中央測光
レンズ(FX) f=5~12mm F=1.2~360 水平角度5mm=約53.1° 12mm=約23°
   (FX2) f=5~55mm F=1.4~360 水平角度5mm=約53.1° 55mm=約4.8°
レンズマウント CSマウント
モーションディテクタ機能 48分割エリア設定可能(OSDモード)
プライバシーゾーンマスキング機能 有り(OSDモード)
その他機能 デジタルズーム機能、ポジ、ネガ表示(OSDモード)
水平、垂直反転(DIP/OSDモード)
電源 DC-12V±10%
消費電流 840mA(最大)
動作温度・湿度 -5℃~45℃ 湿度80%以下  (但し、結露しないこと)
外形寸法 138(W)×115(H)×380(D)(本体)
68(W)×60(H)×148(D)(カメラ)
質量 約3.5kg
付属品 取扱説明書、電源接続用DCプラグコード(1m)、ハウジング付属品一式

ページTOP