CIT-8800

スーパー・ファイン・ビュー機能

 

スーパー・ファイン・ビュー機能

それぞれ照度の異なる被写体や背景、周囲の画像データを分析することで、最適画質を自動設定する「スーパー・ファイン・ビュー機能」を搭載。日差しが差し込む店舗の出入口でも、人物と店舗外の背景を共に鮮明に映しだします。
スーパーファインビュー
2つの露出を同時に撮影し適正な部分のみを合成
日差しの強い屋外に合わせて露出を絞ると室内が暗くなる
プラス
暗い屋内に合わせて露出を開けると屋外が明るくなる
イコール
スーパー・ファイン・ビュー機能で屋外も室内も見やすい
※ 写真はイメージです。

高速シャッターの可変機能

従来、固定されていた高速シャッターの速度を1/1200~1/16000まで11段階で調整が可能。照度差が小さい場合はシャッタースピードを遅くすることで合成部の不自然さがなめらかになり、照度差が大きい場合は速くすることで、従来よりも広いダイナミックレンジで、見える照度差の範囲が広くなります。高速シャッターの速度は自動または手動で調整が可能です。
照度差が小さい例
●駅のホームで●建物の影で
電車通過時の電車の影や、日の向きによって変わる建物の影による照度差の変化
照度差が大きい例
●出入口で●建物の内部で
強い日差しの入る場所と屋内を同時に見る場合化