WV-CW504F

WV-CW504F|インパクト型ドームカメラ

主な機能

照度差が大きい被写体も小さい被写体も、明るい部分から暗い部分まで、
より見やすく、自然に再現するスーパーダイナミック5方式。

耐衝撃性にすぐれた素材を採用。軒下設置も可能。

筐体にアルミダイキャストボディ、ドームカバーにポリカーボネート樹脂を採用。優れた耐衝撃性を実現しています。また、独自の構造によりJIS防水保護等級6(IP66)の防水性を備え、さらに独自開発の除湿素子を装備。軒下設置が可能で、常にクリアな監視映像が得られます。


より自然な映像。スーパーダイナミック5方式採用。

これまで培ってきたスーパーダイナミック技術に加え、適応型暗部補正(ABS:Adaptive Black Stretch)技術を採用することにより、明るい部分から暗い部分までより自然で鮮明な映像で撮影が可能です。

スーパーダイナミック

高解像度、高感度CCDを新開発。

水平解像度650TV本typ。最低照度はカラー時0.3ルクス※、白黒時0.04ルクス※。夜間も鮮明な監視映像が得られます。※オプションのクリアドームカバー使用時

インテリジェント映像動体検知(i-VMD)が監視業務をサポート。

検知画面例

新方式採用により、従来に比べ高精度、高機能な動体検知が可能。以下のような場合アラーム信号を送出。レコーダー等と連動して効率的な監視録画を実現できます。

動き検知
監視映像内に動きが生じた場合にアラーム信号を送出。
置き去り/持ち去り検知
物体が置き去りされたり、持ち去られた場合にアラーム信号を送出。
妨害検知
カメラを布などで覆われたり、カメラ向きを変えられるなど映像に大きな変化が生じた場合にアラーム信号を送出。

周囲照度に自動対応して24時間連続監視が可能。

暗くなるとカラーから白黒に切換わり自動的に感度をアップ。明るくなるとカラーに自動復帰します。切換え時のピントずれを自動補正するオートバックフォーカス(ABF:Auto Back Focus)を搭載。

パンフレット

▲ ページトップに戻る