WJ-HD309

WJ-HD309|9CHデジタルレコーダー
spaser
  • HD309概要
9台のカメラを内蔵HDDに高画質録画。

アナログ映像出力カメラを最大9台接続して、デジタル高画質録画できます。
中規模の監視記録システム構築に最適です。

最大15TBまでHDD拡張が可能。
増設ユニットWJ-HDE350シリーズを組み合わせることにより、記録容量をWJ-HD309/5は最大14.5TBまで、WJ-HD309/10は最大15TBまで拡張できます。カメラ台数や録画レート、画像の保存期間など運用ニーズに合わせて最適システムを構築できます。
手元でレコーダーとカメラを制御。

1~6chに接続したプリセットコンビネーションカメラを前面パネルでコントロール可能。また、システムコントローラーWV-CU650により、レコーダーの検索、再生操作やカメラのパン/チルト、ズーム、プリセット操作等が可能。快適なオペレーション環境を実現します。
※スーパーダイナミックIII方式ドーム型プリセットコンビネーションカメラ WV-CS950
※スーパーダイナミックIII方式屋外ハウジング一体型カラーカメラ WV-CW970,WV-CW960 

データ復元できるRAID5運用が可能。

増設ユニット組み合わせ時、RAID5運用が可能。画像を複数のHDDに分散記録することによりHDDの1台が不意の故障を起こした場合も画像の復元が可能です。

記録画像を外部メディアにコピー可能。

内蔵ハードディスクに保存された画像を外付けハードディスク等にコピーして持ち運びできます。

離れた場所のパソコンから操作可能。

ネットワークに接続したパソコンから一般のブラウザーを使って任意のWJ-HD309/5、WJ-HD309/10にアクセスして、WJ-HD309/5、WJ-HD309/10に記録された画像の検索、再生、録画操作、カメラ制御等が行えます。
※Internet Explorer

きめ細かな録画プログラム設定により効率録画。

カメラごとに録画レートや画質を設定できます。監視場所や営業時間に合わせた効率的な監視記録ができます。
●記録映像に対してモーションディテクターを設定して検索可能。

録画時間の目安(Aモード時)

FIELDモード(画素数720 H×240 V)、 カメラ9台、音声なし、カラーファインの場合

■WJ-HD309/5(500MB)
システム録画レート
(カメラ1台あたりの録画レート)
60枚/s
(6枚/s)
30枚/s
(3枚/s)
15枚/s
(1枚/s)
5枚/s
(0.5枚/s)
スーパーファインSF
約74時間 約148時間 約444時間 約889時間
ファインクオリティFQ 約107時間 約214時間 約644時間 約1298時間
ノーマルクオリティNQ 約148時間 約296時間 約889時間 約1778時間
■WJ-HD309/10(1TB)
システム録画レート
(カメラ1台あたりの録画レート)
60枚/s
(6枚/s)
30枚/s
(3枚/s)
15枚/s
(1枚/s)
5枚/s
(0.5枚/s)
スーパーファインSF
約148時間 約296時間 約889時間 約1778時間
ファインクオリティFQ 約214時間 約429時間 約1298時間 約2578時間
ノーマルクオリティNQ 約296時間 約592時間 約1778時間 約3357時間

ページTOP